読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

redcase を軽く使ってみる

redcase は redmineプラグイン
testlink のようにテストケースと、実行結果を管理することができる。はず。

ソースコードが公開されたということなので、早速。
デモサイトでは、テストケースの作り方がわからなかったんだけど、
ソースがあればまぁ、何とかなるんじゃ…ね?

画面に表示するまで

  1. ダウンロード して vendor/plugins に解凍
  2. redmine起動
  3. 権限を編集(プロジェクトのところに追加されてる)
  4. 権限付与したら、いきなりメニューに登場。
  5. 画面表示しようとしたらエラー。 マイグレ忘れてた
  6. rake db:migrate_plugins でエラー。 << イマココ
==  RedcasePatchJournal: migrating ============================================
-- add_column(:execution_journals, :executor_id, :integer, {:null=>false})
rake aborted!
An error has occurred, this and all later migrations canceled:

SQLite3::SQLException: Cannot add a NOT NULL column with default value NULL: ALTER TABLE "execution_journals" ADD "execu
tor_id" integer NOT NULL

004_redcase_patch_journal がいかんらしい。
デフォルト値に0入れるようにしてとりあえず回避。

  1. 画面が出てくる。バージョンがないとダメよといわれるので、作る。
  2. ちらっとソース見たら、Issue に結構パッチ当ててるみたい。他のプラグインと競合しないかちょっと心配

テストスイートを作る

  1. トラッカー "Test case" が作られてるので、プロジェクトに割り付ける
  2. テストケース(チケット)を3つ作る
  3. テストスイート作る
  4. テストスイートにテストケースを3個追加(ドラッグ&ドロップ)する
  5. 無事テストスイートにテストケースが追加された

テスト実行計画?を作る

  1. テスト実行計画?(Execution suite)を作る
  2. 実行計画にテストケース3個追加(ドラッグ&ドロップ)する
  3. 変化がない…ただのしかばねのようだ…。

実行計画にチケットが出てきません。

  1. DB を覗いてみる。
  2. 実行計画とテストケースのリンクをとっていそうな execution_suite_test_case にレコードがない

仕方ないので、execution_suite_test_case にレコードを強制的に作ってみる。

  • execution_suite_id -> execution_suites の id
  • test_case_id -> test_cases の id

実行計画にチケットが出てきた。

この辺、まだ実装中なのかな?
Firefox がだめなのかなと思って IEにしてみたけど結果は一緒。

テストを実行する

  1. Execution タブをクリック
  2. テストケースをクリック
  3. 右側のペインでコメントと結果(Passed)を設定。
  4. Saveすると、画面下に履歴がでてきた


  1. 残りの2つもPassedにする

レポート

  1. Report タブをクリック
  2. "Not Executed(3)" のまま
  3. 完了判定は何によるんだろう?
  4. development で動かしているのが悪いのだろうか?

レポート再度

  1. production で実行
  2. チケット04を追加
  3. テストケースに入れる
  4. レポートを開く
  5. Passed(3) Not Executed(1) になった

なるほど。
指定したバージョンで作成されたテストケース(チケット)のうち、
実行したものと、されてないものをカウントしているわけか。

残っているテストケースを実行して再度レポート

  1. execution_suite_test_case にレコードを追加
  2. テストケースを実行(今度はFailedにしてみる)
  3. レポートを表示
  4. Passed(3) Not Executed(1) のまま…。
  5. 画面をリロードしてみる
  6. Passed(3) Failed(1) になった!


おしまい

プロジェクトで使えるようになるにはまだ時間がかかりそう。ガンバレ!!