読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

XMLスプレッドシートを使う

Excelは「XMLスプレッドシート」という形式で保存することができます。
この形式、

ので、

  • JavaRubyからExcelアプリケーションを起動しないで、中身を見ることができ

意外と便利です。
Redmineで管理しているチケットをこの形式で出力することができれば、
マネージャー以上の人にもっとアピールできるかも?という思いつきで話を始めようかと。

一番シンプルな XMLスプレッドシート

以下の内容を適当なファイル名(拡張子xml)で保存してExcelで開くと、
B2のセルに "a" という文字が表示されます。

<?xml version="1.0"?>
<Workbook xmlns="urn:schemas-microsoft-com:office:spreadsheet"
 xmlns:ss="urn:schemas-microsoft-com:office:spreadsheet"
 xmlns:html="http://www.w3.org/TR/REC-html40">
 <Worksheet ss:Name="Sheet1">
  <Table>
   <Row ss:Index="2">
    <Cell ss:Index="2"><Data ss:Type="String">a</Data></Cell>
   </Row>
  </Table>
 </Worksheet>
</Workbook></pre>

罫線を引いてみる

B2のセルの周りに罫線を引くとどうなるのでしょう?

<?xml version="1.0"?>
<Workbook xmlns="urn:schemas-microsoft-com:office:spreadsheet"
 xmlns:o="urn:schemas-microsoft-com:office:office"
 xmlns:x="urn:schemas-microsoft-com:office:excel"
 xmlns:ss="urn:schemas-microsoft-com:office:spreadsheet"
 xmlns:html="http://www.w3.org/TR/REC-html40">
 <Styles>
  <Style ss:ID="s21">
   <Borders>
    <Border ss:Position="Bottom" ss:LineStyle="Continuous" ss:Weight="1"/>
    <Border ss:Position="Left" ss:LineStyle="Continuous" ss:Weight="1"/>
    <Border ss:Position="Right" ss:LineStyle="Continuous" ss:Weight="1"/>
    <Border ss:Position="Top" ss:LineStyle="Continuous" ss:Weight="1"/>
   </Borders>
  </Style>
 </Styles>
 <Worksheet ss:Name="Sheet1">
  <Table>
   <Row ss:Index="2">
    <Cell ss:Index="2" ss:StyleID="s21"><Data ss:Type="String">a</Data></Cell>
   </Row>
  </Table>
 </Worksheet>
</Workbook>

う。罫線の1つ1つにスタイルが設定されるんですね…。これは大変そう。