読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AgileScout - 大規模開発にアジャイルを適用する際の10のTIPS

10 Tips for Agile Adoption in the Enterprise | Agile Scout より。

英語力は地を這っている人なので、中身についてはあまり信用しないように。

1. マネジメント層を取り込め

彼らを引き込まないと、ウォーターフォール向きのレポートに変換する作業がついて回る。

2. 全リリースの計画をしろ、1スプリントだけじゃない

ストーリーポイントで見積もり、ベロシティを予測し、スプリント計画を立てよう。
でも、最初に立てた計画にガチガチに縛られないよう注意。

3. スプリントを計画しろ、特別、共有なリソースのことを念頭において

遠い未来の計画に縛られる必要はないけれど、計画は立てよう。

4. 複雑な内部の依存関係は現実に起こる、それに対処せよ

リリース計画でモジュールやコンポーネントの依存関係を特定しておこう。スプリントゼロってやつ。
スプリントゼロでは全般的なアーキテクチャの要件?を設計しておく。スプリントのオーバーヘッドとならないように。

5. 妥当なスプリントの長さを継続せよ、3〜4週間

本格的なシステム統合をするには2週間では短い。
3〜4週間の長さを継続する。完全なサービスか、統合を開発し、テストできるように。

6. すべてのスプリントの成果物が製品になるとは思うな

初期のスプリントではEnd-to-Endでのシステム統合を準備することになる。

7. DONEを定義せよ、全てのチームにおいて首尾一貫しているDONEだ

8. 少なくとも2スプリントを安定化のために用意せよ

バグ出しや、システムテスト、デプロイのためのタスクの片付けとか。

9. 使い物になるドキュメントを作れ

大量のドキュメントの代わりに、Agile Document Templete や Wiki を使え。
Agile Documente Template って何?
コメントだけで大丈夫とか言って、ドキュメントをさぼらないように。

10. 継続的インテグレーションの原則を導入せよ

言うまでもなし。


コメントも結構ある。でも訳すの大変だからやらない。